山本眞輔名誉教授


山本眞輔 名誉教授が日本藝術院会員(美術分野)に決定!

山本眞輔 名誉教授が日本藝術院会員(美術分野)に決定しました
平成20年11月28日芸術活動に顕著な功績があったとして、山本眞輔名誉教授が日本藝術院会員に決定しました。12月15日付で塩谷立文部科学相が発令され、これで会員は111人になります。女性特有の優美な表情やしぐさにこだわった秀作を数多く作り、後進の育成にも尽力されたことが推薦理由です。今回の決定には山本名誉教授のほかにも、建築家の谷口吉生氏や映画監督の山田洋次監督など、歴々たる方が名を連ねています。
日本藝術院は、芸術上の功績顕著な芸術家を優遇顕彰するための栄誉機関であり、会員は毎年、部会の推薦と総会の承認によって選ばれます。会員は国家公務員(一般職)の非常勤職員の扱いとなり、任期は終身。
山本眞輔名誉教授は平成15年度まで芸術工学部で教鞭を取られ、名古屋伏見の広小路ビルヂング前・ストリートギャラリーや天白区役所前庭などで作品が見られます。

平成21年2月に開催された芸術院就任を祝う会で、川崎和男名誉教授と

平成21年2月に開催された芸術院就任を祝う会で、川崎和男名誉教授と略歴
1939     愛知県に生まれる
1962     日展初入選(以後毎年出品)
1963     東京教育大学彫塑専攻科卒業
1966     日本彫塑会(現日本彫塑会)会員
1967     白日会彫刻部会員(白日展受賞4回)
        渡欧
1968~69   イタリア国立ローマアカデミア彫刻科留学(イタリア政府招待留学)
1970     滞欧作品展(名鉄百貨店美術画廊)
1972, 80  日展特選受賞
1982, 86  個展(名古屋三越特選画廊)
1984     愛知県芸術選奨文化賞受賞
1984~85  イタリア留学(文部省派遣在外研究員)
1985,89,95 日彫展審査員
1985,90,95 日展審査員
1986     日展会員
1990     西望賞受賞(第20回日彫展)
1992     会員賞受賞(第24回日展)
1995     吉田賞受賞(第71回白日展)
1996     日展評議員
1999     内閣総理大臣賞受賞(第31回日展)
2004     日本芸術院賞
2008     中日文化賞


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください